2013年07月07日

Winny開発者・金子勇さんが死去 ITmedia ニュース 7月7日(日)14時57分配信



Winny開発者・金子勇さんが死去
ITmedia ニュース 7月7日(日)14時57分配信


P2Pファイル共有ソフト「Winny」を開発したことで知られる技術者の金子勇さんが7月6日、急性心筋梗塞で死去した。

Winny裁判で弁護人を務めた壇俊光弁護士がブログで明らかにした。

金子さんは1970年7月生まれ、栃木県出身。茨城大学大学院、日本原子力研究所などを経て、東京大学特任助手だった2002年5月にWinnyを公開。04年5月、著作権法違反ほう助容疑で逮捕・起訴されたが、11年12月に最高裁で無罪が確定した。技術者が開発したソフトやサービスについて負うべき責任の範囲などについて大きな議論になった。

起訴後、P2P技術を応用したコンテンツ配信サービスを手がける「Skeed」の設立に携わり、昨年12月には東京大学情報基盤センター特任講師に就任していた。

金子さんのWebサイトでは、プログラム「NekoFight」の最新版「Ver.2.4」が6月8日に公開されている。

最終更新:7月7日(日)15時49分

早過ぎる。
とゆうか、人の一生は短すぎるし、怪我や病気に対して脆弱すぎる。
よく、現世まで絶滅せずに生き残ってこれたものだ。
命短し恋せよ乙女…。



コスプレ コスプレ衣装 アニメ
2ちゃんねるはなぜ潰れないのか? (扶桑社新書) / 扶桑社
タグ:winny P2P
posted by unimatrix0 at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/368553274

この記事へのトラックバック