2008年05月16日

SNSの足跡機能、「監視されているようで嫌」が半数 5月16日19時16分配信 ITmediaニュース

出会い 裏 悪徳


SNSの足跡機能、「監視されているようで嫌」が半数
5月16日19時16分配信 ITmediaニュース


ネクストがこのほど発表した「SNS、コミュニティーサイト利用者の実態・意識調査」によると、SNSやコミュニティーサイトでアクセス履歴が残る「足跡機能」について、ユーザーの約半数が「自分の行動を監視されているようで嫌だ」と考えいてる――という結果が出た。

都市部に住むSNS・コミュニティーサイトのユーザー1442人(男性634人、女性808人)を対象に、3月にネットで調査した。

足跡機能について46.8%が「自分の行動を監視されているようで嫌だ」という考えに近いと答えた。「友人の行動や自分のページに来た人の動向が分かるので必要」と考えるユーザーは18.7%で、残りの34.6%は「どちらともいえない」と答えた。

全体の57.2%は「足跡が残っていてもコメントの有無は気にしない」が、9%は「足跡だけ残してコメントを残さない人には腹が立つ」と答えた。

日記やコメントの更新について「とても楽しい」と答えたのは全体の17.2%で、「義務的にやっている」(12.1%)を上回った。「どちらともいえない」は61%だった。

参加しているSNS・コミュニティーサイトで「自分の情報の漏えいや炎上などに対する不安がある」ユーザーは48.3%。「SNS・コミュニティーサイトに対して安心感がある」は10.3%、「どちらともいえない」が41.5%。

SNS・コミュニティーサイトを通じ「行動範囲や知識が広がった」とユーザーは43.4%。「どちらともいえない」は39.4%、「広がっていない」は17.2%。

普段利用しているSNS・コミュニティーサイトで、最も利用頻度が高い機能は「日記」(66.5%)で、次いで「ニュース」(49.7%)、「グルメ」(31.6%)だった。

「レシピ」「コスメ」といったカテゴリーは女性の利用が多く、「ゲーム」「コンピュータ・インターネット」「株式・投資・マネー」は男性の利用が多かった。

「SNS・コミュニティーサイト、地域情報サイトはどのような場だと考えているか」という問いに対しては、「自分の趣味や関心事について、さらに深い知識を得られる場」(61.8%)と答えたユーザーが最も多かった。

次いで「新しい趣味や関心事を見つけられる場」(38.4%)、「自分が現在住む場所や地域にちて、有益な情報を得られる場」(34.5%)だった。

最終更新:5月16日19時16分

足跡機能が嫌?
今更何をおっしゃいますやらw
SNSなんて厨房がやるものですのにw
そういうのを判った上で我の個人情報を
晒されるのも承知の上でやってるんとちゃうのんw


<出会い 裏 悪徳
a href="http://m-b-k.net/?ad=13" target="_blank">迷惑メール 悪質 暴露
デリヘルアルバイト 風俗求人 風俗アルバイト








posted by unimatrix0 at 23:46| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/96960601

この記事へのトラックバック

SNSの足跡機能、「監視されているようで嫌」が半数
Excerpt: ITmedia:SNSの足跡機能、「監視されているようで嫌」が半数http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0805/16/news093.htmlだそうです。トラ..
Weblog: 赤い水性ペンのミコちゃん
Tracked: 2008-05-18 23:39
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。